産経ニュース

海水浴客の救助中に溺れ73歳監視員死亡

地方 地方

記事詳細

更新


海水浴客の救助中に溺れ73歳監視員死亡

 5日午後0時5分ごろ、糸魚川市の親不知海水浴場で、救助要請を受けて沖に向かった監視員の猪又則夫さん(73)=同市外波=が途中で溺れた。一緒にいた遊泳客らが猪又さんを救助したが、病院で死亡が確認された。糸魚川署が状況を調べている。

 同署によると、長野市の30代男性と小学2年の娘(8)が正午ごろ、岸から約100メートルの沖合で溺れたとみられる。岸にいた妻が気付いて猪又さんに連絡した後、110番通報した。男性と娘は救助され、けがはなかった。