産経ニュース

“茶豆愛”語り合い 黒埼でサミット、魅力PR

地方 地方

記事詳細

更新


“茶豆愛”語り合い 黒埼でサミット、魅力PR

 新潟市西区の名産「くろさき茶豆」について語り合い、PRする「茶豆サミット」が同区の黒埼市民会館ホールで開かれ、黒埼地区の生産者や料理人らゲスト5人が“茶豆愛”を披露したほか、試食会も人気を集めた。

 同地区の魅力アップを目指す「くろさきワーキングチーム」が主催し、約100人が参加。茶豆の食べ方や調理、拡販などをテーマに意見を交わしたところ「(半液状の)ピューレにして冷凍すれば日持ちし、洋食でいろいろな展開ができる」「泊まりがけで茶豆を食べに来てもらおう」といった声が上がった。

 試食会で同市中央区の会社員、堀川雅子さん(29)は「身がしっかりして、おいしい。手が止まらない」と茶豆を頬張り、満足そうな笑顔。同チームの小林紘大代表(30)は「『くろさき愛』を感じる一日になったと思う。新しい動きのきっかけになればうれしい」と話した。