産経ニュース

駅ファミマにセルフレジ JR九州、2県10店に導入へ

地方 地方

記事詳細

更新


駅ファミマにセルフレジ JR九州、2県10店に導入へ

ファミリーマートJR吉塚駅店に導入された「セルフレジ」 ファミリーマートJR吉塚駅店に導入された「セルフレジ」

 JR九州リテール(福岡市)は、フランチャイズ契約で運営しているコンビニ「ファミリーマート」の店舗に、客が自ら商品のバーコードを読み取る機械を使って精算する「セルフレジ」を導入した。同市のJR吉塚駅店を手始めに、今月末までに福岡、大分両県の駅などにある計10店舗に広げる。レジの混雑緩和と、従業員の業務効率化が狙い。

 ファミリーマートの店舗では、首都圏や関西地方を中心に約160店がセルフレジを導入済み。九州では初めてとなる。

 セルフレジでは、酒やたばこといった一部の商品は精算できない。また、支払いには電子マネーやクレジットカードが必要となる。

 人手不足が深刻化する中、小売業界では省力化の動きが進む。ディスカウント店を展開するトライアルカンパニーは、セルフレジ機能が付いた買い物カートを導入した「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」を、福岡市東区に開業した。