産経ニュース

雪どけ水「ひんやり気持ちいい」 山梨県内6地点で猛暑日

地方 地方

記事詳細

更新


雪どけ水「ひんやり気持ちいい」 山梨県内6地点で猛暑日

 県内は3日、各地で最高気温が平年を2・5~6度上回る暑さとなり、甲府地方気象台によると、甲府37・9度をはじめ、県内観測10地点のうち6地点で35度を超す猛暑日となった。

 最高気温は、勝沼37・8度、身延町の切石で36・9度、韮崎37・4度、南部35・7度。甲府盆地に比べ涼しい富士北麓地域でも富士河口湖町の河口湖32・6度、山中湖村の山中30・9度と30度を超し、残る観測4地点でも真夏日となった。

 外国人が多く訪れる忍野村忍草の湧水の観光地「忍野八海」では、湧き水の「富士山の雪どけ水」で手を冷やして涼をとる外国人観光客が目立った。マカオから来た学生、文浜さん(21)は「富士山の近くだから涼しいと思っていたが、思っていたより暑い。水がひんやりしていて、気持ちいい」と話した。