産経ニュース

7月平均気温、栃木全地点で最高 日照時間も11カ所更新

地方 地方

記事詳細

更新


7月平均気温、栃木全地点で最高 日照時間も11カ所更新

 宇都宮地方気象台が発表した7月の気象速報によると、平年値と比較できる観測地点13カ所全てで7月の平均気温として過去最高となった。月間の日照時間も11カ所で7月の最高値を更新した。同気象台は「記録的な猛暑」としている。

 同気象台によると、太平洋高気圧の勢力が強い状況が続き、晴れた日が多かった。「梅雨が早く明けて7月としては雨が少なく、夕立などで夜に気温が下がる日も少なかった。8月もひき続き猛暑となる可能性が高い」と指摘する。

 平均気温は、佐野28・6度(平年比プラス4・3度)▽小山28・2度(3・8度)▽宇都宮27・6度(3・4度)▽真岡27・3度(3・6度)▽鹿沼26・9度(3・7度)▽大田原26・7度(3・9度)-など。

 日照時間は、佐野が平年を62%上回る200・6時間を記録したほか、大田原198・3時間(平年比60%増)▽日光・五十里198・2時間(58%増)▽同・土呂部197・7時間(76%増)-などとなった。

 佐野で7月23日に県内観測史上最高の39・2度を記録するなど7月の最高気温を7カ所で更新。同19日の小山26・5度など最低気温も7カ所で7月の最高値を更新し、いずれも25度を下回らない熱帯夜だった。