産経ニュース

埼玉県議会政活費4億9223万円 昨年度 議員減で2333万円減

地方 地方

記事詳細

更新


埼玉県議会政活費4億9223万円 昨年度 議員減で2333万円減

 県議会は2日、平成29年度の政務活動費を情報公開条例に基づき公開した。前倒しで交付された政務活動費5億3350万円のうち、支出されなかった分を除き約4億9223万円の交付が決定した。執行率は92・3%。交付決定額は算定議員数が減った影響で、前年度よりも約2333万円減となった。(黄金崎元、川上響)

 議会事務局によると、政務活動費は県議1人当たり月額50万円(年間600万円)で、各会派に人数分を年4回に分けて交付。すべての支出について、会派名や県議名での領収書の添付が義務付けられ、残余分は県に返還する。

 県議はほかに、議員報酬として月額92万7千円(役職なし)を受け取っている。

 支出の内訳は広報費の約1億7505万円がトップで、全体の34・4%を占めた。以下、人件費約1億3027万円(25・6%)、事務所費約5783万円(11・4%)と続いた。執行率は前年度比0・9ポイント減だった。

 会派別の執行率は、最大会派の自民が100%で、交付決定額を上回って支出。民進・立憲・無所属は84・7%▽公明60・6%▽県民85・6%▽共産90・3%▽改革97・5%-だった。