産経ニュース

【須坂市動物園飼育員日誌】キエリボウシインコの「タロウ」

地方 地方

記事詳細

更新

【須坂市動物園飼育員日誌】
キエリボウシインコの「タロウ」

 ■水浴び大好きな“おじいちゃん”

 タロウは推定40歳のおじいちゃんインコです。普段は自分から言葉を話すことはあまりなく、こちらが声をかけると静かに相づちを打ってくれます。

 そんなタロウには今の季節、とても楽しみにしていることがあります。それは水浴び。もともと雨の多い熱帯雨林に住んでいるので、夏の水浴びがとても気持ち良いみたいです。

 展示ケージの前を通るたびに期待のまなざしを向けてくるタロウに、作業の合間をぬって霧吹きで水をかけてあげます。水浴び中のタロウは気分が乗ってくるといつもの静かなイメージとは一転、大きな声で鳴いたり、「ルルル」というご機嫌な声を出したり、自分の名前を口にしたりします。

 さらに気分が乗ると、「もっと水をかけて」と言わんばかりに翼を広げて大興奮。普段なかなか見えないカラフルな翼もこの時はみることができます。

 暑い夏を乗り切るために、みなさんもタロウのように夏の楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか。(キエリボウシインコ担当 笹田和樹)