産経ニュース

6月求人倍率、高水準で推移 9カ月連続1.4倍台 山梨

地方 地方

記事詳細

更新


6月求人倍率、高水準で推移 9カ月連続1.4倍台 山梨

 山梨労働局が31日に発表した6月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同じ1・44倍となった。求人数、求職ともに前月比で微減だった。

 9カ月連続で1・4倍台の高水準を維持しており、同労働局は基調判断を13カ月連続で「着実に改善が進んでいる」に据え置いた。

 有効求職者数は3カ月ぶりに減少し、前月比1・3%減の1万2239人となった。緩やかな景気拡大を背景に、平成27年4月から39カ月連続で減少した。

 一方、有効求人数も2カ月連続で減少し、同1・2%減の1万7628人。11カ月連続で1万7千人を超える高水準を維持している。有効求人数のうち、新規求人数は同3・3%増の6073人と、企業の採用意欲の強さが伺われる結果となった。同労働局は「依然として人手不足感が続いている」としている。