産経ニュース

ふくおかFG、十八銀の打診 「債権譲渡」佐賀銀、受け入れへ

地方 地方

記事詳細

更新


ふくおかFG、十八銀の打診 「債権譲渡」佐賀銀、受け入れへ

 佐賀銀行の坂井秀明頭取は30日、経営統合を計画するふくおかフィナンシャルグループ(FG)と十八銀行から、譲渡の打診があった債権に関し、全ての顧客企業を受け入れる考えを表明した。具体的な金額や件数は明らかにしなかった。九州FG傘下の鹿児島銀行の上村基宏頭取も、打診分を受け入れる方向で精査中と明らかにした。

 統合計画を審査する公正取引委員会は、長崎県内の貸出金シェアが7割になることを問題視した。ふくおかFGと十八銀行は、統合実現に向けて、こうした債権譲渡を長崎県内に拠点を持つなどする約20の金融機関に打診している。

 坂井氏は佐賀市で記者会見し、既に打診のあった取引先の財務内容などを精査したとした上で「お断りする相手はない。取引をしたいという申し出であれば、ありがたい話だ」と歓迎する意向を示した。