産経ニュース

【高校野球南神奈川大会】王者・横浜、貫禄の夏切符

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球南神奈川大会】
王者・横浜、貫禄の夏切符

 第100回全国高校野球選手権南・北神奈川大会(県高野連など主催)は29日、横浜スタジアムで南神奈川大会の決勝戦が行われた。

 決勝戦は3季連続の顔合わせとなった横浜-鎌倉学園の一戦。横浜は初回、1番・小泉、2番・山崎が連続安打で無死一、二塁と先制の好機を演出すると、1死後、4番・万波が中越え適時二塁打を放って2点を先制。三回には、万波の左中間スタンドに飛び込む本塁打などで3点を加える。五回に中押しとなる1点を追加すると、八回には山崎が駄目押しの本塁打を放ち、試合を決定づけた。

 横浜の先発・板川は丁寧にコーナーに投げ分け、鎌倉学園打線に的を絞らせない。六回途中に、黒須にマウンドを譲ったが、再度登板して好投。最終回に再びマウンドを譲ったが、最後は及川が締め、3年連続の夏の甲子園出場を決めた。

 鎌倉学園は7点を追う最終回の攻撃、5番・中野の適時打や途中出場の遠藤の適時二塁打などで3点を返して意地を見せた。

 30日は同スタジアムで北神奈川大会の決勝戦が行われる。