産経ニュース

【小・中学校囲碁団体戦】須坂小善戦も一歩及ばず 長野

地方 地方

記事詳細

更新

【小・中学校囲碁団体戦】
須坂小善戦も一歩及ばず 長野

 東京都千代田区の日本棋院で29日に開かれた「第15回文部科学大臣杯 小・中学校囲碁団体戦」(産経新聞社・日本棋院主催)の全国大会で、県代表の須坂市立須坂小は残念ながら敗退。多くの期待を集め善戦したが及ばず、30日の決勝トーナメント進出はならなかった。

 1次リーグでは全国の予選大会を勝ち抜いた強豪が顔をそろえる中、須坂小チームの周囲には特に観衆が集まり、熱心な戦いぶりにひときわ注目が集まった。観戦した家族や学校関係者らは息詰まる盤上の攻防を真剣な表情で見守った。

 須坂小の小林太一君(6年)は「団体戦を全国大会でやってみて、改めてチームで勝つことの難しさとおもしろさが分かった。初めての『全国』で、出場校のレベルはやはり高いと感じたが、いつか自分たちも上位へ食い込みたいと思った」と対局を振り返った。