産経ニュース

春日部市長選 岩谷氏が上告断念 

地方 地方

記事詳細

更新


春日部市長選 岩谷氏が上告断念 

 昨年10月の春日部市長選で落選した同市の岩谷一弘市議(52)が選挙手続きに問題があったとして、4選した石川良三市長(67)の当選無効などを求めた訴訟で、請求を棄却した東京高裁の判決について岩谷氏が27日、「苦渋の決断だが、(最高裁への)上告を断念する」とのコメントを出した。岩谷氏は期限までに上告しなかった。

 岩谷氏は「(投票は)マークシートや丸付けなどで簡素化し、余人の関与をなくしていく努力が必要。私のような思いをする候補者が出ないことを望む」などとの考えを示した。

 市長選は8票差で石川氏が当選。昨年11月に有権者が市選管に異議を申し立てた。市選管は再点検したが、5票差にとどまったため、当選者は変わらないとして申し立てを棄却。県選管も今年3月に同様の判断をしたことで、岩谷氏は4月、東京高裁に提訴した。