産経ニュース

長岡で水道水質悪化 市民に注意喚起

地方 地方

記事詳細

更新


長岡で水道水質悪化 市民に注意喚起

 長岡市は、約1900世帯に給水している大貝浄水場(同市小国町大貝)で、水道水に含まれる化学物質「トリハロメタン」の値が基準値の80%に達し、今後、基準を超える危険があるとして市民らに注意を呼びかけている。

 市水道局によると、大貝浄水場が取水している渋海川では、少雨と猛暑による渇水で水質が悪化。基準値以上のトリハロメタンが含まれた水道水は、トイレや洗濯、入浴などへの使用には問題はないものの、飲用水としての利用は控える必要があるという。

 基準値を超えた場合は、小国地域の一部に給水車が配備されるほか、ペットボトルの配布などが行われる。