産経ニュース

【産経ジュニア書道コンクール】埼玉県知事賞・石黒佑佳さん 指導法に違い…悩んで字確立

地方 地方

記事詳細

更新

【産経ジュニア書道コンクール】
埼玉県知事賞・石黒佑佳さん 指導法に違い…悩んで字確立

 高校生までを対象とした「2018産経ジュニア書道コンクール」(産経新聞社など主催)の展覧会が27日から、東京都台東区の東京都美術館2階第4展示室で開かれる。県内からは、入間市立武蔵中3年、石黒佑佳さんが埼玉県知事賞を受賞した。石黒さんは「驚いたけど、初めて知事賞に選ばれてうれしかった」と率直な感想を口にした。

 石黒さんは、所属する書道教室「書華会宮美支部」の1期生として小学2年から打ち込んでいる。きっかけは小学1年のとき、書き初め展で入賞したことだ。数々のコンクールの入賞を経て、現在は書華会教育部(中学生以下)で1番の実力者として周囲の手本になっている。

 書に臨む際は「バランスを意識している」といい、妥協せず、満足するまで黙々と書き続ける。成長したきっかけは小学高学年。学校の先生と書道教室の先生の指導が食い違っていたことだ。混乱したが、悩む中で自分の字を確立したという。

 書道を通して身につけたことは「集中力と諦めない心」といい、中学で所属している吹奏楽部の最後のコンクールと受験に向けても生かされている。