産経ニュース

【NBSアナウンサーコラムVOICE】松山航大 「一人焼き肉の考察」

地方 地方

記事詳細

更新

【NBSアナウンサーコラムVOICE】
松山航大 「一人焼き肉の考察」

 一人ラーメン、一人カフェ、一人カラオケ。これらには抵抗なく行けます。特にカラオケは、複数人だと敬遠しがちなバラード曲を歌えたり、同じ曲を何度も練習したりできるので、多い時は週4回カラオケボックスに入っています。

 「一人○○」に抵抗のない私ですが、先日、一つの壁に直面しました。一人焼き肉です。いつもは友人と七輪を囲む行きつけの焼き肉店に、その日は一人で入店。通されたのはカウンター席でした。ここで少しの躊躇(ちゅうちょ)。同じカウンター席でもラーメンと焼き肉ではここまで印象が違うのか。不思議でした。

 焼き肉というのは「みんなでワイワイしながら食べるもの」というイメージがあるように思います。その状況で一人で肉をつつくということに対しての、一種の寂しさ。これが一人焼き肉への躊躇につながっていると推測します。

 ただ、自分のペースで肉を焼ける、何だかぜいたくな感じがするなど、その魅力を体感。機会があればまたチャレンジしたいと思います。