産経ニュース

【高校野球東千葉大会】木更津総合3年・野尻幸輝選手 甲子園に“忘れ物”取りにいく

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球東千葉大会】
木更津総合3年・野尻幸輝選手 甲子園に“忘れ物”取りにいく

 いきなり先頭打者を四球で出すなど、コントロールにばらつきがあった一回裏の立ち上がり。2死二塁から成田の4番・山下に左前打を打たれ、先制を許したが、慌てることはなかった。

 マウンドに駆け寄った捕手の山中に「気にするな」と声をかけられると、大きくうなずき、続く打者をセンターフライに抑え、追加点を与えなかった。

 3年連続の夏の甲子園出場を目指すチームにあって昨夏の甲子園にも主軸として出場。「今まで先輩たちにたくさんいい経験をさせてもらってきたので、今度は自分が後輩たちを甲子園に連れて行きたい」との思いは人一倍強い。

 元来は三塁手だが、今年春からは絶対的エースが不在の中で、投手も兼任。投手でも主軸になろうと毎日チームメートの中で最も早くから練習を始め、一番遅くに帰る日々を続けた。

 自身の長所を「打者としての経験を生かしてどんな球は打ちにくいかを考えながら投球できること」と分析。先発として起用されたこの日の試合でも「最もいいバッターである(成田の3番)田宮を抑えれば勝機をつかめる」と五回裏1死一、二塁で田宮を迎えた場面をキャッチャーファウルフライに抑え、試合の流れを相手に渡さなかった。

 自身も主軸として臨んだ昨夏の全国大会初戦では絶対的エースの山下(現法政大)が九回表2死から日本航空石川(石川)に4点を奪われ、5-6でまさかの逆転負けを喫した。「山下さんの安定力をもってしても逆転負けをしたのだから、野球は最後まで何が起こるか、分からない。あの経験を経てチームのためにできることは何でもしようと思った。自分が投手を引き受けたのもあのときの経験が大きい」と振り返る。

 この日は打っても4番として5打数2安打1打点の活躍。「去年は一つ忘れ物をしているので、何とか去年のこの悔しさを晴らしたい」。勝利チームインタビューで甲子園への意気込みをこう語った五島卓道監督の後でマイクを向けられた左の主砲はこう語気を強めた。

 「木更津総合の野球は粘り強く必死にやっていく野球なので、甲子園では自分たちの野球を貫いて一試合、一試合をしっかり大切に全員で勝っていきたい」(白杉有紗)