産経ニュース

【高校野球東千葉大会】成田3年・田宮裕涼(ゆあ)主将 黙々と結果残し信頼勝ち取る

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球東千葉大会】
成田3年・田宮裕涼(ゆあ)主将 黙々と結果残し信頼勝ち取る

 先頭打者として迎えた八回裏の攻撃。1-9と木更津総合に大きくリードされた中で、成田の3番を打つプロ注目のスラッガーは「諦めていない姿勢を自分から出していく」と強い思いを胸にバッターボックスに向かった。

 木更津総合の先発・野尻が投じた直球を素直にとらえた打球は中前安打に。後続が続いて2点目のホームを踏み、「粘り強い野球はここから始まるんだ」と心の中で自分に言い聞かせた。

 小学1年で野球を始め、祖父や叔父も捕手として活躍した成田に進学。高校1年の秋から正捕手として定着し、昨秋の新チーム発足時に尾島治信監督から主将に抜擢(ばってき)された。

 「最初は自分に務められるか不安が大きかった」と語るが、「自分がチームを引っ張っていく」という強い決意を胸に試合で黙々と結果を残し、チームメートの信頼を勝ち取っていった。

 九回裏には2死から自身を含む2、3、4番が3連続内野安打で出塁。今季の成田が掲げる泥臭い「粘り強い野球」をチーム一丸となって示し、両チームの応援に詰めかけた大観衆に強い印象を残した。

 敗戦後、「次の代には甲子園に行ってほしい」と悔し涙を流したが、満足げな表情でこうも断言した。

 「自分たちの野球を出し切ることができた。後悔はない」(長谷裕太)