産経ニュース

「インスタ映え」抜群の手焼きせんべい「新潟米菓プレミアムせんべい 田」 新発田

地方 地方

記事詳細

更新


「インスタ映え」抜群の手焼きせんべい「新潟米菓プレミアムせんべい 田」 新発田

 エメラルドグリーンの湯色で知られる新発田市の名湯、月岡温泉。平成26年に開湯100周年を迎えた温泉街では、歩いて魅力を味わえる寄り道スポットが次々と整備されつつある。中でも人気を集めているのが、特大せんべいの手焼き体験ができる店舗「新潟米菓プレミアムせんべい 田(でん)」だ。

 同店は、月岡温泉の若手経営者らが立ち上げた合同会社「ミライズ」が経営。観光客や宿泊に訪れた人を呼び込んで、温泉街のにぎわいにつなげるのが狙いだ。28年のオープン以来、人が絶えることはなく、多い日は約200人が訪れるという。

 直径約20センチの大きさのせんべいの手焼き体験(1200円)は、しょうゆを付けた筆で絵や文字を書くことができるのが特徴。子供やカップルらに大人気で、最近は「インスタ映え」する写真を求めて訪れる人も多いという。

 「3秒に1回、どんどんひっくり返してください」「一部分があまり焼けてないですよ」。中央に置かれた大きな手焼き台の前で、丁寧にせんべいの作り方を教えてくれるのは、地元出身の店員、武藤美里さん(20)だ。手焼き台の熱気で汗だくになりつつ、せんべいをトングで挟んで両面を3分ほど焼き続けていると、せんべいがだんだんとふくれていく。一旦皿に移し、しょうゆをつけた筆で文字を書いて再び手焼き台へ。きれいなキツネ色に焼き上がると完成だ。

 アツアツのせんべいに鼻を近づけると、しょうゆの香ばしい匂いが食欲をそそる。パリッと心地よい音を立てて頬張る。素朴な味が口の中に広がり、素材のおいしさを実感することができる。

 店内には栗山米菓の人気米菓「ばかうけ」をはじめ、県内産のコシヒカリや新ブランド米「新之助」を使った豪華なせんべいなど約50種類の米菓がずらりと並ぶ。中でも人気なのは、工場直送の割れせんべい(300円)。チーズやゆず塩揚げ、のりしお味など常時7種類以上が用意され、大容量にもかかわらず4袋で1000円という破格の値段も人気の秘密だ。一度に8袋購入する人もいるという。

 武藤さんは「いろいろな人にせんべいの手焼きの楽しさを感じてほしい。インスタ映えの写真もとれるので、若い人にもたくさん来てもらいたい」と話している。(松崎翼)

                   ◇

 ■「新潟米菓プレミアムせんべい 田」

 新発田市月岡温泉562の1。日本海東北自動車道「豊栄新潟東港インターチェンジ」から車で約20分。姉妹館(蔵・旨・香・米)にあるスタンプを押して集めると、全店で使用できる300円分の利用券がプレゼントされる。月、水曜定休。問い合わせは(電)0254・32・1101。