産経ニュース

栃木県庁で作新主将ら甲子園出場を報告

地方 地方

記事詳細

更新


栃木県庁で作新主将ら甲子園出場を報告

 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会で優勝し、大会8連覇を飾った作新学院の小針崇宏監督と主力選手らが25日、県庁を訪れ、北村一郎副知事らに甲子園出場を報告した。

 小針監督は「みなさんの応援のおかげで優勝できた。甲子園でも県民に勇気と感動を与えられるような試合をしたい」と決意表明し、北村副知事は「プレッシャーのかかる中での8連覇は見事。甲子園では作新の風を吹かせてほしい」と激励した。

 主将の磯一輝選手は「元気ではどこにも負けないように、県代表として自覚を持ってプレーしたい」と話し、主軸の沖龍選手は「チームで団結してしっかり戦っていきたい」と宣言。8月5日に迫った甲子園開幕に向け決意を新たにした。