産経ニュース

三菱地所、福岡市に新ランドマーク 「マークイズ福岡ももち」11月21日開業

地方 地方

記事詳細

更新


三菱地所、福岡市に新ランドマーク 「マークイズ福岡ももち」11月21日開業

建設が進むマークイズ福岡ももち 建設が進むマークイズ福岡ももち

 ■幅広い世代が楽しめる施設へ

 福岡市中央区のホークスタウンモール跡地で、三菱地所が建設している商業施設「マークイズ福岡ももち」が、11月21日に開業することが25日、分かった。成長する福岡市の都心西部に、新たなランドマークが完成する。 (村上智博)

 「マークイズ」ブランドの施設は、静岡、横浜に続く3施設目となる。ヤフオクドームに隣接し、昨年6月に着工した。10月の完成を目指す。

 駐車場(約1300台収容)を含め、地上8階建てで、延べ床面積は約13万平方メートル。商業エリアには、150~200店舗が出店する。福岡市内でも有数の規模の商業施設となる。

 詳細な店舗構成は明らかになっていないが、複合型映画館のユナイテッド・シネマやライブホール、ゼップ福岡のほか、ユニクロや島村楽器が入る予定という。加えて、インテリア雑貨、和牛料理などの有名店の名も上がっている。

 三菱地所は幅広い世代が楽しめる店をそろえ、集客力を高める。

 ヤフオクドームと直接つながる歩行者デッキも、備える。隣接地ではタワーマンション2棟を建設している。

 三菱地所は、福岡市で開発事業に力を注ぐ。地方の人口減少が進む中、数少ない成長都市だからだ。福岡・天神で運営する商業施設「イムズ」は、昨春までに改装した。