産経ニュース

埼玉県農業大跡地活用 IHIに優先交渉権

地方 地方

記事詳細

更新


埼玉県農業大跡地活用 IHIに優先交渉権

 県は25日、鶴ケ島市の県農業大跡地の北側産業用地への進出企業の公募について、重工大手のIHIを優先交渉事業者に選定したと発表した。公募にはIHIなど2社が応募していた。外部有識者で構成する選定委員会の審査で、事業の安定性や経済波及効果などから、IHIを優先交渉事業者に決めた。

 人工知能(AI)など先端技術の活用や投資額、雇用者数など経済波及効果の観点から審査。その結果、IHIは100点満点中、79点を獲得し、次点企業に20点以上の大差で優先交渉事業者に選ばれた。

 IHIは、用地に航空機エンジン工場を建設する計画で、今後は県と交渉し詳細を詰める。県議会の同意を得た上で、10月に土地売買契約を締結する運びだ。

 優先交渉事業者の選定を受けIHIは25日、「(用地は)利便性に優れており、地域経済の発展にもつながる」とコメントした。