産経ニュース

【高校野球神奈川大会】相模原、優勝候補に堂々 「勝ちたかった」

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球神奈川大会】
相模原、優勝候補に堂々 「勝ちたかった」

肩を落とす相模原ナイン。敗れはしたが優勝候補を土俵際まで追い詰めた 肩を落とす相模原ナイン。敗れはしたが優勝候補を土俵際まで追い詰めた

 大番狂わせまで、あと一歩だった。ノーシードの相模原は、春の選抜4強・東海大相模相手に九回まで2点リードの展開に持ち込むも、土壇場で試合をひっくり返され、逆転サヨナラ負けを喫した。

 「先制して自分たちのペースに持ち込む」と、初回から打線が爆発し、一挙5得点。早々に相手先発をマウンドから引きずり下ろした。途中から登板した堀場の好投もあり、試合は相模原ペースで進む。控え選手らで構成される「データ班」が収集した各打者の打球の方向などを頭にたたき込んだ野手陣の守備態勢がはまった。相手打者の捉えた打球が、面白いようにグラブに吸い込まれていく。

 中盤に追いつかれるも、ナインの気持ちは切れなかった。「初回と同じ気持ちで、もう1回振っていこう」。七回、初回以来の得点となる3点を加え、九回表を終えて8-6。勝利は目前だった。だが、鍛え上げられた強豪の底力を見せつけられた。

 最終回、相手先頭・山田が二塁打で出塁すると、球場は異様な雰囲気に包まれた。「何かが起こる」。動揺するナインの心の隙を突くかのように、東海大相模の3番・森下が放った打球は無情にもレフトスタンドへ。その後、満塁とされ、サヨナラ負け。一度着火した打線の勢いを食い止めるすべは残されていなかった。

 試合後、主将の小島は「ベンチに入れなかった仲間のために、何としても勝ちたかった…」と、大粒の涙を流した。

 佐相真澄監督は「ここまで相手を追い詰めた。選手たちは、本当に良くやってくれました」と称賛の言葉を贈った。