産経ニュース

【高校野球群馬大会】決勝は健大高崎VS前橋育英

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球群馬大会】
決勝は健大高崎VS前橋育英

 第100回全国高校野球選手権県大会は24日、上毛新聞敷島球場で準決勝2試合を行い、高崎健康福祉大高崎(健大高崎)と前橋育英が決勝進出を決めた。25日午前10時から同球場で、3年連続の同一カードで甲子園の切符を懸けて戦う。

 健大高崎は初回、高崎商・渡辺の本塁打で2点を先制されたが、すぐさま3点を奪い返し逆転。三回に再び渡辺の本塁打で追いつかれ、その後は息詰まる投手戦を繰り広げた。八回に今井の適時打で勝ち越しに成功。この1点を守り抜き、接戦を制した。

 前橋育英は初回から打線が爆発。笹沢の三塁打などで、関東学園大付から8点を挙げた。二回に関東学園大付・柴田の本塁打で2点を奪い返されたが、着実に点を重ね、六回コールドで圧倒した。

  ▽準決勝

 【上毛新聞敷島球場】

 高崎商    201 000 000-3

 健大高崎   300 000 01×-4

(高)小沢-湯浅

(健)久保田、藤原-大柿

 ▽本塁打=渡辺2(高)▽二塁打=大柿、藤原(健)

 関東学園大付 020 100 - 3

 前橋育英   802 003x-13

        (六回コールド)

(関)高橋、柴田-来須

(前)恩田、石塚、梶塚-小池

 ▽本塁打=柴田(関)▽三塁打=笹沢(前)▽二塁打=北原、橋本(前)

                   ◇

 ◆「前半我慢で勝機」

 前橋育英は初回から打者一巡の猛攻で8得点を挙げ、関東学園大付を圧倒。荒井直樹監督は「大会の中で打てるようになってきた。予想以上の成長をしている」と、選手たちの活躍ぶりに目を細めた。

 守りも堅実で、エース恩田、石塚、梶塚の3投手が継投。四回表に1点を奪われたが、併殺でしのいだ。

 宿敵の健大高崎とぶつかる決勝に向けて、恩田は「春大会に(健大高崎の)山下に本塁打を打たれている。自信のあるボールでしっかり抑えたい」と意気込みを語った。

                   ◇

 ◆強豪相手に2発、公立校の意地 高崎商3年・渡辺佑哉選手

 荒井監督は「野球はやってみないとわからない。前半に我慢すれば勝機はある」と、自信をのぞかせた。

 「こんな打球を打てるんだな」

 自分でも驚くほどの当たりだった。初回2死一塁の場面で、内角低めの直球を振り抜き、レフトスタンドへ運んだ。自身の公式戦初となる本塁打で、強豪・健大高崎から先制点をもぎ取った。

 快進撃は続いた。初回に3点を奪い返され、1点差で迎えた三回表。2死の場面で再びレフトスタンドへ本塁打をたたき込み、笑みをこぼしながらダイヤモンドを一周。「今までにない感触だった」と興奮した様子で振り返った。

 試合で見せた強気なバッティングとは裏腹に、「おとなしく優しい性格」と、富岡潤一監督やチームメートは口をそろえる。もともとは強打を放つよりも、確実に得点へつなげる「つなぎのバッティング」が持ち味だった。

 だが、チームは秋に2回戦敗退、春に1回戦敗退と結果を出せず、苦しい時期が続いた。

 「自分はチームの勝利のために何ができるか」

 マイナス思考を振り払い、常に強気で打てるように自分を追い込んだ。

 4強唯一の公立校として「執念と底力を見せてやる」と挑んだ試合。3-4と惜敗したが、「最後にこんな良い戦いができた。最高の仲間に恵まれた」と話す表情は満ち足りていた。(糸魚川千尋)