産経ニュース

【高校野球神奈川大会】桐光・東海大相模など8強

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球神奈川大会】
桐光・東海大相模など8強

【桐光学園-厚木】三回、桐光学園の3番・山田が適時二塁打を放つ=22日、大和市(河野光汰撮影) 【桐光学園-厚木】三回、桐光学園の3番・山田が適時二塁打を放つ=22日、大和市(河野光汰撮影)

 第100回全国高校野球選手権南・北神奈川大会(県高野連など主催)は22日、県内4球場で北神奈川大会の4回戦8試合が行われた。

 大和スタジアムの第1試合、厚木-桐光学園戦で、桐光学園は二回、6番・田村の適時三塁打で先制すると、三回には3番・山田、4番・鈴木の連続適時二塁打が飛び出す。その後も加点し、七回コールドで勝利した。

 第2試合の弥栄-橘戦で、弥栄は二回に2点を先制するも、試合は膠着(こうちゃく)状態に。六回に橘の5番・羽二生にソロホームランを浴びて1点差とされたが、先発の河野が好投。2-1で8強進出を決めた。

 平塚球場の第1試合、神奈川工-東海大相模戦では、東海大相模打線が爆発する。二回には1番・小松が3点本塁打を放ったあと、3番・森下も本塁打を放つなどこの回、5得点。結局、9安打13得点で五回コールド勝ちを収めた。

 第2試合の相模原-向上戦は、2-1で迎えた六回、相模原は2番・常盤の適時二塁打などで3得点。七回に2点を失うなどしたが、6-4で接戦を制した。

 23日は横浜スタジアムと保土ケ谷球場で南神奈川大会の準々決勝4試合が行われる。

                   

 ◇北神奈川大会

 ▽4回戦

 【保土ケ谷球場】

 慶 応   520 301 3-14

 秦野総合  050 000 0-5

       (七回コールド)

 市ケ尾   000 000-0

 桐蔭学園  102 331x-10

       (六回コールド)

 【平塚球場】

 神奈川工  000 00-0

 東海大相模 155 2×-13

       (五回コールド)

 相模原   200 003 010-6

 向 上   100 000 210-4

 【大和スタジアム】

 厚 木   000 000 0-0

 桐光学園  012 031 ×-7

       (七回コールド)

 弥 栄   020 000 000-2

 橘     000 001 000-1

 【相模原球場】

 上溝南   000 001 00-1

 横浜商大高 320 000 03x-8

       (八回コールド)

 白 山   300 101 000-5

 厚木北   000 000 200-2

このニュースの写真

  • 桐光・東海大相模など8強