産経ニュース

【高校野球栃木大会】作新学院・斎藤陸人選手 初3番、期待に応えた先制打

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球栃木大会】
作新学院・斎藤陸人選手 初3番、期待に応えた先制打

初回、先制打の適時二塁打を放った斎藤陸人 初回、先制打の適時二塁打を放った斎藤陸人

 初回1死三塁。外野フライでも点が入る場面だが、「自分も生きて追加点につなげよう」。作新学院の3番・斎藤陸人(りくと)は、白鴎大足利の先発・熊谷倫太朗の甘く浮いたスライダーを強くたたきつけた。センターへの先制打。さらにセンターの打球処理が遅れているのを見逃さず、俊足を生かして二塁へ(記録は二塁打)。2点目のホームを踏み、チームを8年連続の甲子園へ導く立役者となった。

 小針崇宏監督は「立ち上がりから流れを作る」野球を目指す。その野球を誰よりも実践してきたのが斎藤だ。決勝を含めた6試合中、4試合で初回に打点を挙げた。「中軸として求められていることを果たせるように」と、実践形式の練習で磨いてきた初回からの集中力と、冬からのウエートトレーニングの成果で得た強い打球が実を結んだ。

 今大会、5番で出場が多く、3回戦、準々決勝は2戦連続で本塁打も放った。この日は「斎藤は強く振れているのでチャンスで一本出ると思った」という小針監督が初めて3番で起用。見事に期待に応えた。

 決勝の大舞台でも初回に先制打。「甲子園では応援してくれる人たちに恩返しがしたい」と意気込む。(根本和哉)