産経ニュース

【高校野球千葉大会】中央学院・学館浦安が4強

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球千葉大会】
中央学院・学館浦安が4強

【習志野-西武台千葉】六回、だめ押しとなる2点二塁打を放つ習志野の8番・川島=22日、県野球場(白杉有紗撮影) 【習志野-西武台千葉】六回、だめ押しとなる2点二塁打を放つ習志野の8番・川島=22日、県野球場(白杉有紗撮影)

 第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会は22日、2球場で西千葉大会の準々決勝4試合が行われ、習志野、中央学院、東京学館浦安、市船橋がベスト4に勝ち進んだ。

 春の選抜大会出場の中央学院は今大会全試合で逆転勝ちと勝負強さを発揮している八千代と対戦。七回裏2死から3番・西木、4番・森本の連続タイムリーで3-2と逆転した八千代に対し、中央学院は八回に4番・大谷の犠飛で追いつき、九回に4-3と勝ち越して、そのまま逃げ切った。今大会初登板の大谷は先発としてマウンドに上がり、3回を無失点に抑えた。

 昨夏準優勝の習志野は西武台千葉の本格派右腕・神野を序盤にとらえ、七回コールド勝ち。3戦連続の2桁得点で35年ぶりの8強入りと快進撃を続けてきた四街道は東京学館浦安の主戦・池田に完封負けを喫した。

 市船橋は4試合連続コールド勝ちと好調の打線が爆発し、継投でシーソーゲームを制してきた千葉商大付を退けた。

 23日はZOZOマリンスタジアムで東千葉大会の準決勝2試合が行われる。試合開始予定時刻は木更津総合-東海大市原望洋が午前10時、志学館-成田が午後0時半。

 

 ▽西千葉大会準々決勝

 【県野球場】

 西武台千葉 000 001 0-1

 習志野   030 312 ×-9

(七回コールド)

 千葉商大付 000 000 020-2

 市船橋   002 013 01×-7

 【柏の葉公園野球場】

 中央学院  001 001 011-4

 八千代   000 000 300-3

 四街道   000 000 000-0

 東京学館浦安101 000 00×-2

このニュースの写真

  • 中央学院・学館浦安が4強