産経ニュース

【高校野球群馬大会】前橋育英・高崎商4強

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球群馬大会】
前橋育英・高崎商4強

 第100回全国高校野球選手権県大会は22日、上毛新聞敷島球場で準々決勝2試合を行い、前橋育英と高崎商が準決勝に駒を進め、4強が出そろった。

 二回に1点を先制された前橋育英は、四回に小池の適時二塁打で追いつき、その後も得点を重ねた。エース恩田は序盤、死球を与えるなど制球に乱れがあったものの立て直し、強打の前橋商打線を抑え込んだ。

 高崎商はエース小沢が完封。最終回、追いすがる前橋工をダブルプレーで振り切った。打っては六回、黒崎が適時二塁打で2点を先制。この得点を最後まで守りベスト4を決めた。

 準決勝2試合は24日、上毛新聞敷島球場で開催される。

                   ◇

 ■「伝統で一矢報いる」次戦へ高崎商監督

 五回まで、両者得点を許さずゼロ行進が続いた試合。高崎商の富岡潤一監督が「(打順は)5番と7番がポイントだった」と言う通り、5番・黒崎が適時二塁打で試合を動かした。投げてはエース小沢が四回まで三者凡退に抑えるなど好投。「練習試合で打たれたので(前橋工の)安原を警戒していた」と話したが、最後まで得点を許さず、「暑さに慣れ、自分の思い通りに投げられた」と達成感をにじませた。

 試合後、富岡監督は準決勝の健大高崎戦について「築き上げてきた伝統で強豪校に一矢報いたい」と意気込みを語った。