産経ニュース

【高校野球岩手大会】花巻東、執念の逆転劇

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球岩手大会】
花巻東、執念の逆転劇

【花巻東-盛岡大付】逆転劇で3年ぶりの優勝を果たし歓喜する花巻東の選手たち=盛岡市の岩手県営野球場(土樋靖人撮影) 【花巻東-盛岡大付】逆転劇で3年ぶりの優勝を果たし歓喜する花巻東の選手たち=盛岡市の岩手県営野球場(土樋靖人撮影)

 第100回全国高校野球選手権の福島、青森、岩手の3大会で22日、決勝戦が行われ、福島は聖光学院が12年連続15度目、青森は八戸学院光星が2年ぶり9度目、岩手は花巻東が3年ぶり9度目の出場を決めた。

 福島大会決勝は聖光学院が2本塁打を含む17安打で福島商を15-2と圧倒、夏の甲子園で戦後最長の連続出場記録を12に伸ばした。

 青森大会決勝では八戸学院光星が序盤、中盤と効果的に得点を重ね、終盤、追い上げる弘前学院聖愛を6-4で振り切った。

 岩手大会決勝は終盤まで息づまる攻防となったが、花巻東が最終回に2点を奪い逆転、4-3で盛岡大付の3連覇を阻止した。

                   

 花巻東が最終回の逆転劇で、3連覇を狙った盛岡大付に競り勝った。

 先手を取ったのは盛岡大付。二回1死二、三塁から佐々木大樹の中前打で2点を先取した。選抜ベスト8の花巻東は四回1死二、三塁から佐藤千の右前打で1点を返し、六回2死二塁から代打で登場した菅原主将の左前打で同点とした。

 再び1点リードを許して迎えた九回、代打・小松平の四球と谷の幸運な2塁打などで1死二、三塁とし、相手投手の暴投で同点、3番・田中の遊ゴロが送球ミスを誘って逆転した。

続きを読む