産経ニュース

【高校野球神奈川大会】立花学園・金沢など8強

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球神奈川大会】
立花学園・金沢など8強

 第100回全国高校野球選手権南・北神奈川大会(県高野連など主催)は21日、県内4球場で南神奈川大会の4回戦8試合が行われた。

 平塚球場の第1試合、藤沢清流-横浜戦で、横浜は初回に先制を許すも、3番・斉藤の適時打で同点とすると、その後も順調に加点し、七回コールドで準々決勝進出を決めた。

 第2試合の立花学園-三浦学苑戦は実力校同士の対決。立花学園は2点を追う四回、1点を返し、なお2死満塁の好機で、1番・上野に逆転の適時三塁打が飛び出す。投げては、途中から登板した須田が好投。粘る三浦学苑を振り切った。

 保土ケ谷球場の第1試合、横浜桜陽-金沢戦で、金沢は三回、1番・小島の犠牲フライで先制。五回には3番・堀井の適時二塁打などで4得点。7-1で8強入りを果たした。

 第2試合の横浜商-星槎戦は、五回まで0-0の投手戦を展開した。試合が動いたのは六回。星槎は横浜商のワイルドピッチで先制し、八回にも1点を追加して、先発の石橋が完封で勝利を収めた。

 22日は県内4球場で北神奈川大会の4回戦8試合が行われる。