産経ニュース

【夏の高校野球県大会】前橋勢3校 コールド8強

地方 地方

記事詳細

更新

【夏の高校野球県大会】
前橋勢3校 コールド8強

 第100回全国高校野球選手権県大会は19日、上毛新聞敷島、高崎城南の2球場で3回戦4試合が行われ、高崎商、前橋工、前橋育英、前橋商が勝利。8強が出そろった。

 高崎商は、シード校の市立太田を相手に小沢が6安打1失点で完投。打線も二回に適時二塁打などで3点を先制し、五回も犠打と安打で走者を進め1点を追加。4-1で勝ち上がった。

 前橋工は15安打10得点と打線が好調。七回に本塁打などで3失点したが、シード校の富岡を寄せ付けず、七回コールド勝ち。

 初回に2点を先制した前橋育英は、続く二回も丸山が本塁打で2点を挙げるなど打線が爆発。投げては継投で1失点に抑え、新田暁を七回コールドで下した。

 前橋商は14安打13得点で館林を圧倒し、六回コールド勝ちを収めた。

 

 ▽3回戦

 【上毛新聞敷島球場】

 市立太田 000 000 100-1

 高崎商  030 010 00×-4

 (市)名田、藤生、菊地-山村

 (高)小沢-湯浅

 ▽二塁打=山村2(市)、湯浅、小池留(高)

 前橋工 021 302 2-10

 富 岡 000 000 3- 3

 (七回コールド)

 (前)木暮、林、岡田-小暮

 (富)寺島、小林、寺島-南

 ▽本塁打=神岡(富)▽三塁打=高橋(前)▽二塁打=高田2、安原(前)、新井聖(富)

 【高崎城南球場】

 前橋育英 250 011 0-9

 新田暁  010 000 0-1

 (七回コールド)

 (前)恩田、石塚、梶塚-小池、須永(前)

 (新)金子知、関口-諏訪

 ▽本塁打=丸山、小池2(前)

 ▽二塁打=橋本、小池、梅沢、剣持、北原(前)

 前橋商 140 116-13

 館 林 000 000- 0

 (六回コールド)

(前)井上、松村-岩崎、温井

(藤)山崎、中村-田代

 ▽本塁打=真藤(前)▽三塁打=吉田晃、中島(前)

                   ◇

 □市立太田3年・名田光佑投手

 ■悔しさも涙なし 次の舞台で恩返し

 二回、1死一、二塁のピンチ。焦りで顔をこわばらせた。深呼吸を繰り返し、思い切って投げた外角直球は、左翼手・武井の頭上を越え適時二塁打となった。

 「自分の弱さがでてしまった」

 ここで負けられない理由があった。「甲子園に連れて行く」と、父に約束したからだ。野球を始めた小学3年生から、父は何不自由なくサポートしてくれた。仕事の合間を縫って練習に付き合い、ナイター設備がないグラウンドでは車のライトを頼りに一緒にボールを追いかけた。

 高校に進んでからは、父は「甲子園で野球をしている姿以外は見ない」と一度も試合を見に来ていない。「祈ってるから勝ってな」。父の思いがエースを成長させた。

 調子は良かったが、相手打線の猛攻に押され、二回に3失点。それでも「野手を信じて投げよう」と立て直した三回は三者凡退に抑えた。だが、五回にさらに1点を許し七回裏に交代。悔しさをこらえ2年の藤生に後を託した。

 チームは七回、萩谷の中前打で1点を奪い返すも、相手エースの小沢に抑え込まれ、最後まで追いつけなかった。それでも、「チャレンジャー精神は貫けた」と水久保国一監督は選手たちをねぎらった。

 「父に恩返しをしたかった」。悔しさをにじませたが、涙はなかった。「野球は続けていく。違う形で恩返しがしたい」と次の目標を見据え目を輝かせた。