産経ニュース

大阪の学生ら紙漉きなど学ぶ 「世界遺産・黒河道プロジェクト」 和歌山

地方 地方

記事詳細

更新


大阪の学生ら紙漉きなど学ぶ 「世界遺産・黒河道プロジェクト」 和歌山

 橋本市と九度山町で「世界遺産・黒河(くろこ)道プロジェクト」に取り組む大阪市立デザイン教育研究所(同市阿倍野区)の1年生約30人が、同町椎出の文化財伝承館で町内に伝わる紙漉きなどを学んだ=写真。

 高野参詣道の一つの黒河道について、自然環境や民俗学などさまざまな角度から分析・PRする授業の一環。今回は黒河道を歩いたほか、町民から県無形民俗文化財に指定されている「鬼の舞」や町内に伝わる紙漉きの話を聞くなどした。

 参加した林相里さんは「既製品の紙ばかり見てきていたので、紙漉きがとても印象的でした」と話していた。