産経ニュース

宇都宮市「3×3のまち」推進 小中6校にバスケゴール

地方 地方

記事詳細

更新


宇都宮市「3×3のまち」推進 小中6校にバスケゴール

 宇都宮市は、3人制バスケットボールをアピールする「3×3(スリーバイスリー)のまち宇都宮」の取り組みとして、市内の小中学校6校の校庭に専用ゴールを設置した。市立今泉小学校(同市元今泉)で18日、地元のプロチーム、BREX.EXE(ブレックス・ドット・エグゼ)の斉藤洋介選手と児童が新設ゴールで3×3を楽しんだ。プロ選手との体験試合に参加した6年の相田麗央(れお)君(11)は「新しいゴールができてうれしい。休み時間に使いたい」と喜んだ。

 希望校のうち同校や西小、昭和小、鬼怒中、古里中、河内中に設置。今後、他校への追加設置も検討する。

 市民にも親しんでもらうため、宇都宮駅東公園(同市元今泉)、清原中央公園(同市清原工業団地)にも20日に設置。駅東公園では22日、ブレックス選手らの模擬試合や、地域のスポーツクラブの小中学生を対象に体験教室を開く。