産経ニュース

ため池120カ所緊急点検 新潟県が市町村に実施要請

地方 地方

記事詳細

更新


ため池120カ所緊急点検 新潟県が市町村に実施要請

 西日本豪雨で広島県福山市のため池が決壊し、流された女児(3)が死亡したことなどを受け、県は県内の防災重点ため池120カ所を緊急点検するよう17市町村に要請した。花角英世知事が18日の定例会見で公表した。今月中に点検結果をとりまとめる予定。

 県によると、県内では平成25~28年、農業用ため池約2400カ所を一斉点検。耐震性が不足しているものなどについて整備を進めていた。今回は、決壊した場合に周辺の宅地や公共施設に大きな影響が及ぶ恐れがある防災重点ため池120カ所で崩落や亀裂などがないかを再点検する。

 県が13日、上越市や長岡市、佐渡市など17市町村に依頼。ため池の管理者である市町村や土地改良区などが実際に確認する。

 防災重点ため池については、市町村がハザードマップを作成し、既に公表済み。緊急点検に合わせ、各市町村に周知徹底も求めたという。