産経ニュース

【高校野球長野大会】佐久長聖、上田西4強進出

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球長野大会】
佐久長聖、上田西4強進出

 高校野球選手権長野大会は18日、松本市野球場で準々決勝2試合を行った。第1シードの佐久長聖と、第2シードの上田西がそれぞれ勝利し、ベスト4進出を決めた。19日は、第1試合で松本第一と松本国際、第2試合で岡谷南と松商学園が激突する。(久保まりな)

 第1試合は、第1シードの佐久長聖と、昨秋の県大会決勝で佐久長聖を破った日本ウェルネスとの対戦になった。

 佐久長聖は、初回に先頭打者、真銅が「なんとか出塁したかった」とセーフティーバントで出塁すると、いい形で打線がつながり、幸先よく1点を先制した。

 日本ウェルネスは二回表に1点を返すも、佐久長聖はその裏、連続死球や真銅の中前2点適時打などで3点を追加し、突き放した。

 日本ウェルネスは六回、山田将の安打などで2得点したが、佐久長聖が再びその裏、3点を取り返した。八回にも代打、市村の適時打で1点を加え、7点差を付けてベスト4進出を決めた。

 佐久長聖の藤原弘介監督は試合終了後、「いつ逆転されるかわからない怖さがあった」と振り返った。それでも、先発のエース、林が8回3失点でしのいだ好投には、「役割を果たしてくれた」と満足げな表情をみせた。

                   ◇

 第2試合は、第2シードの上田西と、Bシードの小諸商との一戦。上田西が投打ともに安定感をみせた。

 上田西は初回、四球で出塁した走者が塚田の適時打でホームを踏んで先制。二回にも、先頭打者が安打で出塁すると、高寺の二塁打などで3点を加えた。

 対する小諸商は、五回に小林塁の適時打で1点を返したが、上田西のエース、横尾を打ちあぐんだ。

 横尾が降板した九回、小諸商は、3連続四球で満塁の好機をつくり、2死から引木が二塁打を放ち2点を挙げた。一塁走者の山口もホームに走り込んだが、タッチアウト。上田西が小諸商の猛追を振り切り、7-3でベスト4に進出した。

 8回1失点と好投を見せた上田西の横尾は「四球があったのは反省点」と語った。準決勝に向けては、「自分の成績よりチームの勝利が大事。『何が何でも勝つ』という気持ちでやっていきたい」と決意を新たにしていた。