産経ニュース

設楽選手・村岡選手に彩の国功労賞贈呈 埼玉

地方 地方

記事詳細

更新


設楽選手・村岡選手に彩の国功労賞贈呈 埼玉

 県は18日、2月にマラソンで日本新記録を更新した設楽悠太選手(26)と、3月に平昌パラリンピックで活躍した村岡桃佳選手(21)に「彩の国功労賞」を贈呈した。2人は表彰に議会の同意を必要とする条例施行後、初の受賞者となる。

 寄居町出身の設楽選手は東京マラソンで16年ぶりに日本記録更新。深谷市出身の村岡選手は平昌パラのアルペンスキー女子大回転座位での金を含む5つのメダルを獲得した。知事公館での贈呈式で、設楽選手は「これからも県民の皆さまに感動を与えていきたい」と語り、村岡選手は「大変うれしい」と笑顔をみせた。

 これに関連し、上田清司知事は18日の記者会見で、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会でベスト16入りした西野朗監督や県ゆかりの選手についても功労賞を授与したい考えを示した。