産経ニュース

【熱烈歓迎!台湾一行】香美の名勝・猿尾滝に中国語看板

地方 地方

記事詳細

更新

【熱烈歓迎!台湾一行】
香美の名勝・猿尾滝に中国語看板

中国語表記の歓迎看板の横で記念撮影する台湾からのツアー客=香美町村岡区 中国語表記の歓迎看板の横で記念撮影する台湾からのツアー客=香美町村岡区

 熱烈歓迎-。今春から台湾の観光ツアー客の立ち寄りが増えている香美町村岡区の名勝・猿尾滝に、中国語表記の歓迎看板がお目見えした。地元は「看板設置で、観光ツアーの歓迎ムードを盛り上げ、リピーターにつなげたい」と期待している。

 猿尾滝は落差60メートル。上下2段に分かれ、上段は39メートル、下段は21メートルの落差で、昭和43年に県の名勝、平成2年に「日本の滝百選」に選定された。

 看板は縦0・7メートル、横1・7メートル。中国語で「日本瀑布一百選・猿尾滝」と「熱烈歓迎」、台湾の観光ツアー名を表記している。村岡観光協会などが今月初め、同じ内容で「ようこそ!」と日本語も表記した看板と並べて駐車場そばのトイレ棟に設置した。

 猿尾滝には今年4月末から、台湾からの観光ツアー客が関西旅行のコースとしてバスで立ち寄っており、年内に延べ約100回(計約3500人)の来訪を予定している。

 猛暑が続く18日も午前8時半ごろにバスで約35人が訪れた。滞在時間は約30分と短く、地元のボランティアガイドの同行はなかったが、ツアー客は看板の前で記念撮影するなど評判は上々だった。

 同協会の西村一正会長は「旅行コースに猿尾滝が選ばれたことで、台湾の人たちに猿尾滝の魅力を伝えたい」と話している。