産経ニュース

【高校野球茨城大会】シード水城、3回戦で涙 16強出そろう

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球茨城大会】
シード水城、3回戦で涙 16強出そろう

 第100回高校野球選手権県大会は9日目の17日、4球場で3回戦の残り8試合が行われ、16強が出そろった。

 昨年の優勝校、土浦日大は初回に4番・井上の適時二塁打で先制点を挙げ、先発・荒井が勝田打線を完封。7-0の七回コールドで快勝した。藤代は初回に3番・谷合が本塁打を放ち先制。七、八回には計6点を追加し、8-1で太田一に八回コールド勝ちを収めた。

 シード校の水城は下妻一に2点差で敗れ、3回戦で姿を消した。中央は牛久栄進を相手に序盤のリードを守り、1点差で逃げ切った。取手松陽は佐和打線を抑え込み、5-0で勝利。鉾田一は八回に決勝点を奪い、1点差で鹿島学園を下した。境は土浦一に13-4の七回コールド勝ち。取手一も土浦三に10-0で五回コールド勝ちを収めた。

 8強進出をかけた4回戦は20日に4球場で行われる。(永井大輔)