産経ニュース

歳入、歳出増加へ転換 昨年度の群馬県決算見込み

地方 地方

記事詳細

更新


歳入、歳出増加へ転換 昨年度の群馬県決算見込み

 県財政課は17日、平成29年度一般会計決算見込み(速報)を発表した。歳入は7349億円(前年度比101億円増)、歳出は7277億円(同113億円増)だった。28年度は歳入、歳出ともに前年度を下回っていたが、プラスに転じた。収支から繰り越すべき財源を差し引いた実質収支は32億円(同1億円減)だった。

 積み立て基金の残高は、前年度比29億円減の130億円となり、平成元年以降で最低となった。

 県の借金に当たる県債残高は1兆2276億円(同265億円増)。うち償還費用を全額国が負担する「臨時財政対策債」は、5384億円(同140億円増)だった。

 歳入の内訳をみると、法人の事業税などが減少したことを背景に県税は前年度比79億円減の2436億円だった。加えて実質的な交付税も減少したが、交付税制度を補完する「減収補填(ほてん)債」を過去最高となる198億円分発行したため、全体の歳入規模は増加した。