産経ニュース

【高校野球長野大会】ベスト8決まる

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球長野大会】
ベスト8決まる

 高校野球選手権長野大会は16日、4球場で4回戦8試合を行った。シードの佐久長聖や上田西、松商学園のほか、ノーシードの日本ウェルネスなどがベスト8入りを決めた。

 佐久長聖は、三回に3得点してリードを奪うと、八回にも4点を加え、小諸を八回コールドで下した。

 上田西は、初回に先制。その後、長野西に1点差まで詰め寄られたが、逃げ切った。松商学園は上田千曲から8得点し、危なげなく七回コールドで制した。

 日本ウェルネスは第8シードの東海大諏訪と対戦。初回、先頭打者が二塁打で出塁すると、打線がつながり一挙5得点。四回にも赤羽の本塁打などで5点を挙げ、五回コールドで勝利した。準々決勝では佐久長聖と対戦する。

 このほか、松本第一、松本国際、岡谷南、小諸商がベスト8入りを決めた。準々決勝は18、19日に行われる予定。

 ◇

 ▽4回戦           【松本市野球場】

 松本国際 9-0  中野立志館

       (七回コールド)

 松商学園 8-0  上田千曲

       (七回コールド) 【県営上田野球場】

 佐久長聖 7-0  小諸

       (八回コールド)

 上田西  4-2  長野西

 【しんきん諏訪湖スタジアム】

 岡谷南  4-3  上田

 小諸商  5-1  伊那弥生ケ丘

 【長野オリンピックスタジアム】

 松本第一 7-2  中野西

 日本ウェルネス 10-0  東海大諏訪

       (五回コールド)