産経ニュース

【千葉知事会見抄録】「聖火ルート、委員会で有識者と検討」

地方 地方

記事詳細

更新

【千葉知事会見抄録】
「聖火ルート、委員会で有識者と検討」

 【西日本豪雨】

 森田健作知事「はじめに、平成30年7月豪雨の災害で犠牲となられた方々とご家族に深く哀悼の意を表し、被災された皆さまに対し、心からのお見舞いを申し上げる。台風シーズンも本格化する。本県でも、今回のような豪雨がいつ起こるか分からない。県民の皆さまもいざというときに備え、いち早く行動できるよう、日頃から心がけをお願い申し上げる」

 【東京五輪・パラリンピック2年前イベント】

 森田知事「大会に向けた機運を盛り上げ、県内開催競技へ理解を深めていただくため、イベントを実施する。開催2年前の7月24日に、五輪史上初のサーフィン会場の一宮町釣ケ崎(つりがさき)海岸とわが国の表玄関である成田国際空港で、イベントを開催する。さらに大会への興味・関心やおもてなしの機運を高めたい」

 --西日本豪雨で、県では全国知事会からの要請を受け、職員を被災地に派遣している。現在の状況は

 森田知事「災害は予測できない。市町村には常日頃から空振りを恐れずに速やかな避難勧告などの発令をお願いしている。県民の皆さまは気象情報に注意するとともに、避難情報が出たら、速やかに避難行動を。日頃から避難所や避難経路の確認や持ち出し物品の準備もお願いする」

 担当職員「全国知事会の要請で7月9日に岡山県矢掛町(やかげちょう)に職員4人を派遣し、10日から現地で活動中。厚生労働省からも要請があり、17日から広島県へ災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)派遣を決定。他の要請があれば速やかに対応する」

 --東京五輪聖火リレーについて。今後、各都道府県の実行委員会で詳細なルートを年内に決めるが、県内ルート決定の方針は

 森田知事「3日間で本当は県内くまなく回りたいが時間的制約がある。東日本大震災の被災地域も考えなきゃいけないし、同時に東葛地域、人口の多いところも頭に入れなければならない。委員会で有識者からお話を伺いたい」

 担当職員「大会組織委員会からは、12月までに県内のルート案を提出を求められている」

 --聖火リレーで神奈川県から受け取り、茨城県に引き継ぐこともルート選定に影響するのでは

 森田知事「そういうことも考え、またルートを吟味してまいりたい」 (7月12日の定例会見)