産経ニュース

【高校野球神奈川大会】鎌倉学園コールド発進 日大藤沢が初戦敗退

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球神奈川大会】
鎌倉学園コールド発進 日大藤沢が初戦敗退

 第100回全国高校野球選手権南・北神奈川大会(県高野連など主催)は16日、県内8球場で2回戦16試合が行われた。

 平塚球場の第1試合、南神奈川大会・寒川-鎌倉学園戦で、鎌倉学園は2-0の二回に、8番・徳田、9番・竹村に連続適時長短打が飛び出して、2点を追加。四、五回にも3点ずつ追加し、五回コールドで勝利した。

 第2試合の北神奈川大会・橘学苑-厚木北戦は、厚木北打線が爆発。10安打11得点の猛攻で相手を圧倒。投げては先発の菅野隼が4安打無失点と好投した。

 保土ケ谷球場の第1試合、南神奈川大会・藤沢翔陵-日大藤沢戦で、藤沢翔陵は3-5で迎えた九回、3番・里倉と4番・羽立の適時打で同点に追いつくと、6番・宮川が左越え適時二塁打を放ち、大逆転勝利を収めた。

 第2試合の北神奈川大会・麻溝台-相模原中教校戦は、麻溝台打線が爆発。初回に6番・小林の左中間への適時二塁打などで3得点すると、四回には3番・斉藤の右越え適時三塁打などで4得点。順調に得点を重ねて、13-4の七回コールドで勝利した。

 17日は試合がなく、18日は県内8球場で3回戦16試合が行われる。