産経ニュース

ランナーの目で地域見守り 都と団体が協定

地方 地方

記事詳細

更新


ランナーの目で地域見守り 都と団体が協定

 都と一般社団法人「ランガール」は見守り活動の協定を締結した。ランナーの目を安全対策や防犯活動に役立てる新たな取り組みで、協定にはランニングの際、子供や高齢者の行動に目を配り、異変に気づいた場合、都への情報提供や住民への声かけ、不審者情報の通報などが盛り込まれた。

 ランガールはランニングを趣味とする女性で構成。9月をめどに都と協力してLEDライト付きアームバンドなど防犯PR材をつくり、同団体が主催するイベントなどで配布する予定。ランニング時に着用し、防犯意識の向上やランナーの交通事故防止につなげる。

 都庁で行われた調印式で小池百合子知事は「日頃、街を走っているからこそ気づく変化があると思う。防犯力アップにつなげてほしい」、ランガールの影山桐子代表理事は「ランナーの力を集結して東京を安全な街にする活動をしていきたい」と述べた。