産経ニュース

【高校野球神奈川大会】Y校逆転、横浜隼人下す

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球神奈川大会】
Y校逆転、横浜隼人下す

 第100回全国高校野球選手権南・北神奈川大会(県高野連など主催)は15日、県内9球場で2回戦18試合が行われた。

 横浜スタジアムの第1試合、北神奈川大会・住吉-橘戦は0-0で迎えた四回、橘が2死満塁のチャンスに、8番・福田が走者一掃の適時三塁打を放つなど、一挙4得点。投げては3投手が継投して住吉打線を0封した。

 第2試合の南神奈川大会・西湘-横浜創学館戦で、横浜創学館は同点で迎えた五回、2死満塁で4番・近藤に適時三塁打が飛び出し、勝ち越しに成功。そのまま逃げ切った。

 保土ケ谷球場の第1試合、北神奈川大会・多摩-横浜商大高戦で、横浜商大高は0-1で迎えた五回に打線が爆発。2番・勝良、3番・斎藤の連続適時打などで6得点し、逆転。六回にも4点を加えて七回コールドで勝利した。

 第2試合の南神奈川大会・横浜商-横浜隼人戦は、強豪対決にふさわしいシーソーゲーム。横浜商は勝ち越された直後の八回、相手の送球ミスなどで逆転すると、この回一挙6得点するビッグイニングに。9-5で激闘を制した。

 16日は県内8球場で2回戦16試合が行われる。