産経ニュース

【高校野球千葉大会】習志野・佐藤将聖投手 公立名門エースの責任感

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球千葉大会】
習志野・佐藤将聖投手 公立名門エースの責任感

 佐倉に0-2と2点を先制された二回2死二、三塁の場面で2年生の先発・飯塚からマウンドを引き継いだ。最初のバッターを四球で歩かせたものの、続く3番バッターを一塁ゴロに仕留め、追加点を与えなかった。

 そのまま九回まで投げきり、8-5で勝利したが、五回に1点、七回に2点を奪われたことを「(エースナンバーの)『1番』を背負っている立場で全然抑えられなかった。悔しい」と悔やんだ。その表情には夏の甲子園出場8回で2度の全国制覇を成し遂げた名門・習志野のエースナンバーを背負うことへの強い責任感がにじんだ。

 「最後までいけるか?」。1点を奪われ直後には小林徹監督からこう声をかけられたが、躊躇(ちゅうちょ)なく「はい」と答えた。打者としても六回にリードを4点に広げる2点本塁打、八回に駄目押しとなる適時打を放ち、チームの勝利に貢献した。それでも「(本塁打は)たまたま当たっただけ」とはしゃぐような素振りは見せなかった。

 「今回は初戦でみんな緊張していた。3回戦からは自分たちらしい試合をして、その結果を甲子園出場につなげたい」。私学全盛といわれる今の高校野球界にあって公立高校で甲子園出場を勝ち取ることの難しさは昨年の県大会を準優勝で終えた習志野ナインが誰よりも知っている。昨年の悔しさをバネに7年ぶりの甲子園を目指す習志野の戦いが今始まった。(白杉有紗)