産経ニュース

【高校野球千葉大会】成東・中村柊斗選手 顔覆って「後悔はない」

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球千葉大会】
成東・中村柊斗選手 顔覆って「後悔はない」

成東・中村柊斗選手 3年 成東・中村柊斗選手 3年

 「木更津総合はやっぱり強い」。昨夏の覇者との激戦を、涙まじりの笑顔で振り返った。

 大塚仁巳監督が評価する勝負強さや器用さは初打席から発揮された。一回裏1死二、三塁の好機には右犠飛で先取点を奪った。

 その後は相手の強打線に苦しめられたが、1-7で迎えた四回裏、先頭打者として二塁打を放つ。これが後続を勢いづけ、2点差まで詰め寄る反撃でスタンドを沸かせた。

 「先頭バッターが(塁に)出ることが大事という思いで立った。練習の成果が出た」

 野球は小学2年で始めた。練習や試合の後に仲間と過ごす瞬間に野球が大好きだと感じ、夢中になった。高校では副主将を務め、4番打者を任された。「自分が4番でいいのかという不安もあった」と明かすが、ひとつ前の打席に立つ3番の主将・岩崎の背中が今日も頼もしかった。

 「自分たちができる精いっぱいのプレーを見せてやろう」と意気込んで臨んだ木更津総合戦。強豪相手に力及ばず、七回コールド負けを喫した。

 「練習したことはやりきった。後悔はない」ときっぱり。だがすぐに「でも悔しい」とタオルで顔を覆った。(橘川玲奈)