産経ニュース

【高校野球長野大会】佐久長聖、松商など16強

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球長野大会】
佐久長聖、松商など16強

 高校野球選手権長野大会は14日、4球場で3回戦8試合を行い、佐久長聖や松商学園、上田西などシード校が順当にベスト16入りを決めた。

 佐久長聖は、西藤の本塁打などで富士見から10点を奪い、五回コールド勝ち。今大会では計25得点、無失点と好調ぶりをアピールする。

 松商学園は、初回に1点を先制すると、五回にも2点を追加。飯山を振り切り勝利した。上田西も、四回を除く毎回得点で蓼科を六回コールドで下した。

 2回戦でシードの松本深志を破った中野立志館は、伊那北との一戦。初回に先制を許したが、三回に神戸の本塁打で逆転すると、八回にも一挙に7得点し、八回コールドで試合を制した。

 このほか、松本第一、東海大諏訪、上田、伊那弥生ケ丘がベスト16入りした。

 ▽3回戦

 【松本市野球場】

中野立志館 10-1 伊那北

 (八回コールド)

松商学園   3-1 飯山

 【県営上田野球場】

佐久長聖  10-0 富士見

 (五回コールド)

上田西   12-1 蓼科

 (六回コールド)

 【しんきん諏訪湖スタジアム】

上田     8-1 駒ケ根工

 (七回コールド)

伊那弥生ケ丘 7-0 野沢北

 【長野オリンピックスタジアム】

松本第一   9-2 小海

 (七回コールド)

東海大諏訪  6-2 東京都市大塩尻