産経ニュース

【高校野球神奈川大会】三浦学苑「甲子園目指し全力で」

地方 地方

記事詳細

更新

【高校野球神奈川大会】
三浦学苑「甲子園目指し全力で」

第100回全国高校野球選手権南神奈川大会2回戦、三浦学苑-神奈川商工。本塁打を放ち笑顔でベンチに戻る三浦学苑の主将・斉藤(左)=14日、藤沢市の藤沢八部休場 第100回全国高校野球選手権南神奈川大会2回戦、三浦学苑-神奈川商工。本塁打を放ち笑顔でベンチに戻る三浦学苑の主将・斉藤(左)=14日、藤沢市の藤沢八部休場

 三浦学苑が神奈川商工を相手に圧巻の強さを見せつけた。試合では打線を爆発させ、全ての回で得点。13点差の五回コールドで、最後まで寄せ付けなかった。

 強力打線の背景には、昨年からチームが取り組んできた「ピッチャーに頼らないチーム作り」がある。冬にはチーム全員に徹底したスイング練習を課すなど、打撃中心のチームを目指してきた。その成果がこの試合で如実に表れ、計3本のホームランも飛び出した。

 そのうちの1本は主将の斉藤。大会前から「何としても結果を出さなければならない」と自分を追い詰めてきた。打球がライトポールを直撃したのを見届け、「本当によかった」と胸をなで下ろした。時にはチームメートに厳しい言葉もかける立場だが、「ベンチでみんなが迎えてくれたときは、うれしすぎました」と無邪気な一面も見せた。

 強さの理由はもう一つある。それは、斉藤と樫平監督がともに口をそろえる「強いチームではないから」という言葉。チーム全体が共有する、この控えめな意識が、ひたむきな練習を下支えしている。

 チームは「打倒・横浜」を念頭につらい練習をこなしてきた。斉藤は「控え選手や応援してくれるサポーターの分まで、全力で勝ち抜いていく」と意気込み、「目指すのはもちろん甲子園です」と力を込めた。