産経ニュース

川崎鶴見臨港バスの運賃5400万円を着服 副所長解雇、被害届提出

地方 地方

記事詳細

更新


川崎鶴見臨港バスの運賃5400万円を着服 副所長解雇、被害届提出

 8年以上にわたって路線バスの運賃約5400万円を着服したとして、川崎鶴見臨港バス(川崎市)は、鶴見営業所の男性副所長(59)を懲戒解雇にしたと発表した。同社は窃盗容疑で鶴見署に被害届を出した。

 同社によると、前副所長は平成22年2月から今年6月まで、営業所の精算室にスペアキーで入室し、精算機の点検口に網を入れて小銭を抜き取っていた。盗んだ現金を管理するための銀行口座をつくり、「約3400万円を旅行や貴金属購入などに使った」と話している。

 今年5月中旬に各バスの運賃箱のデータと、精算データが大幅に合わなかったため、6月10日に防犯カメラを室内に設置。同日、盗む様子が写っていた。同社は「各営業所の精算室に防犯カメラを設置し、入退室管理を徹底する」などとしている。