産経ニュース

ソフトクリーム西日本総選挙 兵庫・但馬勢も参戦

地方 地方

記事詳細

更新


ソフトクリーム西日本総選挙 兵庫・但馬勢も参戦

 日本自動車連盟(JAF)と雑誌「関西じゃらん」などは、西日本全体で初の「道の駅ソフトクリーム総選挙2018」を開催している。但馬地域からも4カ所の道の駅の“ご当地ソフト”がエントリーしており、上位入賞を目指して投票を呼びかけている。

 同イベントは昨年、「道の駅を盛り上げよう」と九州エリアで初めて開催。道の駅62カ所から九州ナンバーワンのソフトクリームを選出し、盛り上がった。

 そこで今年は関西や中四国を含む西日本全体にエリアを拡大。ご当地ソフトやこだわりソフトを販売する道の駅163カ所が名乗りを上げ、6月30日から夏本番に向けて“甘く冷たい”戦いを繰り広げている。

 但馬地域からは、「ようか但馬蔵」(養父市)の朝倉山椒(さんしょ)チョコソフト▽「但馬のまほろば」(朝来市)の銀山ソフト▽「村岡ファームガーデン」(香美町)の但馬牛すきやきソフト▽「山陰海岸ジオパーク浜坂の郷」(新温泉町)のとち餅ソフト-がエントリー。

 昨年9月に開業した浜坂の郷は、今年6月からご当地ソフトとして、土産物として人気のあるとち餅を使い、「とち餅ソフト」を販売した。中井洋祐駅長は「総選挙を通じ、新温泉町のとち餅ソフトを広くPRしたい」と意気込んでいる。

 投票はJAFのホームページなどから8月31日まで受け付けている。