産経ニュース

【NBSアナウンサーコラム】小川功二 「昔あっての今の自分」

地方 地方

記事詳細

更新

【NBSアナウンサーコラム】
小川功二 「昔あっての今の自分」

 季節は夏。最近の休日はエアコンの効いた部屋で読書をしながら過ごしています。

 ある日、街の本屋で目当ての小説を探していると学習参考書が目にとまりました。「高校生の頃は数学が得意だったなぁ」と思い出し本を開いたものの、悲しいことに内容はほぼ忘れてしまっています。

 しかし、サイコロの目が示す「確率」や大勢の人数をグループ分けする「組合わせ」は解き方を覚えていて、今でも役立つ知識だと気付かされました。

 アナウンサーになる前は洋服店の店員だった私。店では服の色や素材といった服飾学、店舗ディスプレーの演出などを学びました。

 テレビの仕事も「表現する」という点では服と同じだと感じます。ニュースや情報番組の雰囲気はそれぞれが特有のカラーを持っていて、演出の工夫はアクセント効果として目をひきます。

 いま経験していることが将来思わぬ所でつながるのかも。そんなことを考えつつ、毎日を大切に過ごしていきたいですね。